イギリスで『ダークストア』デリバリーブームで不動産需要急増!?

ニュース

欧州では「15分以内の配達」をアピールするフードデリバリー企業が相次いで登場したことで、「ダークストア」と呼ばれる配送拠点向けの不動産需要が急増している。

イギリスの不動産大手ナイトフランクによると、英国ではオンラインの小売売上高が10億ポンド(約1540億円)増えるごとに、約3000平方メートルの都市型物流スペースが新たに必要になり、今後5年間の需要を押し上げる見通しという。

デリバリーブームで英国都市部の不動産需要が急増の理由
欧州では「15分以内の配達」をアピールするフードデリバリー企業が相次いで登場したことで、「ダークストア」と呼ばれる配送拠点向けの不動産需要が急増している。イギリスの不動産大手ナイトフランクによると、英国ではオンラインの小売売上高が10億ポン

今後日本でも、可処分所得の高い消費者が多い大都市ではダークストアが増えクイックコマースもトレンドとなって行くのではないでしょうか。

フードデリバリー業界で増加してる『クイックコマース』とは
最近では、頼んだ物が数十分で届くというサービスが事が当たり前になろうとしてきている様に感じます。 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどコンビニ各社もフードデリバリーのプラットホームに参入していますが、競争が激しくなるのでしょ...
一般のお客さんは入れない!フードデリバリー業界でも増えている『ダークストア』とは
ダークストアとは、ネットスーパーにおける実店舗とは異なるネット販売専用の物流センターで、 消費者が直接足を運ぶことはないのでダークストアと呼ばれています。 簡単に言うと『リアル店舗を持たないEC完結型』の小売店です。 ...

欲しいものが家にいながら数十分で届くのは感動です。

824
824

日用品を即配達してくれるのはありがたいですね!

日本でも流行るのか注目して行きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました